スキーバスは宿泊機能を持つ

スキーをするためには現地へ行く必要があり、そのための交通手段の中にスキーバスの存在を挙げることができます。<!–more–>

そして、スキーへ行くために使用されるこの車両は移動手段だけでなく宿泊機能を備えていると指摘できます。出発が夜のとき、参加者はバスに乗車した後目的地へ着くまで車内で過ごすことになります。このとき現地の到着が翌日となるため、朝まで車内で過ごすことから移動の間に眠る結果となってきます。このように、目的地までの到着の間にスキー参加者は夜を過ごすため車内は宿泊所としての機能を発揮します。そのため、参加者は移動の間に目的地に向かうことから宿泊代金をカットする結果を迎えます。
また、目的地への到着が朝になることからスキーの参加者は時間を有効的に利用することが可能です。以上より、<a href=”http://roadplan.net/kanto/daytrip”>スキーバス</a>は夜中にも走ることになるため必然的に宿泊機能を発揮することになります。これは、夜に出発して朝に到着する夜行バスと同じ効力を出していると言えます。そのため、スキーツアーを企画する側は夜に出発をして朝に着くプランを企画することができます。また、そのような特徴を持っていることをアピールして旅行商品を販売する時に使用する手段も存在しています。このように、スキーバスの出発時間を夜に設定して参加者と企画者に対してメリットが及ぶようにしていきます。スキーバスが発揮する宿泊機能を活用することで、プラスの効果が生じるようにします。